Blog


クラシック向けイヤホン「Major9’13」が、フランスの『Diapason(ディアパソン)』で「ゴールドディアパソン賞(Diapason D’OR)」に!

初めてフランス最も有名なクラシック音楽賞を受賞した台湾イヤホンのブランド!

コード&メジャーには革新のコンセプトがあるから、デビューから世界で高い評価を受けた。クラシック向けイヤホン「Major9’13」は、フランス・クラシック音楽賞『Diapason(ディアパソン)』で「ゴールドディアパソン賞(Diapason D’OR)」を受賞した。

この度、コード&メジャーは、100以上のイヤホンを抜け出して、さまざまな国際ブランドの中、クラシックのカテゴリーにおいて最優秀のイヤホンに選ばれ、台湾初の受賞ブランドとなった。

フランスにおける「ゴールドディアパソン賞『Diapason』(音叉の意)は、すでに60年の歴史を持っており、クラシック音楽のレコード、楽器、演奏家やアーティストのほか、イヤホンやアンプなどの機材まで、広く評価している。

また『Diapason』はイヤホンの評価に対し非常に厳しいことが知られており、毎年高い評価を獲得したイヤホンは、指標としてイヤホンファンや音楽愛好者の参考にされる。

Diapason mag 2014. Nov-Dec

M9金音叉2

Diapason review earphone list

 

%
*可自行輸入百分比
*Input the run-in percentage
歡迎使用「Chord & Major 全頻煲機程式」
完整煲機流程約為60分鐘,請依以下指示開始進行煲機:

1.請將耳機與播放裝置連接。
2.請將播放裝置的音量設定至100%。
3.按下start鍵後開始進行煲機。
Welcome to Chord & Major Full Frequency Run-In Program
The whole progress is around 60 minutes, please go through the following steps:

1.Connect the earphone and the audio device.
2.Set the volume at 100% on device.
3.Press “START” to begin with the Run-in program.
*注意事項:
煲機過程中因頻率與音量的變化較大,不建議直接聆聽。
*Note:
Not recommend to listen to the music through earphone during running this program due to the high volume setting and frequency changes.

第一階段:線性跑動

Step 1: Linear-Drive

頻率運作範圍:0Hz~45kHz
時間:約20min
本階段針對耳機進行基礎熱身,讓耳機循序漸進地全頻運作,讓彈性恢復

Frequency: 0Hz ~ 45kHz
Time: 20 mins

This step is to do a basic warm-up for the earphone and let it play through all frequencies gradually to perform a better drive flexibility.

第二階段:瞬態反應

Step 2: Dynamic Response

頻率運作範圍:0Hz~45kHz
時間:約10min
密集的瞬間動態動作,進行更高壓的極端熱機,讓性能運作達最佳化。

Frequency: 0Hz~45kHz
Time: 10 mins

Through the frequent dynamic responses to highly congress the burn-in progress for maximising the functions.

第三階段:全頻緩機

Step 3: Full Frequency Ease-up

頻率運作範圍:0Hz~45kHz
時間:約30min
開始進行疏緩,讓耳機緩機,保留其延展性,讓驅動狀態穩定。

Frequency: 0Hz~45kHz
Time: 30 mins

Begin to ease-up the earphone for remaining the ductility and stabilise the driver.

START
PLAY
STOP